スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向音痴にゃきぶ

2007年の1月20日に名古屋に引っ越し、仕事始めは2月1日なので、10日間は自由な日々でした。
やまっちさんは平日仕事ですので、にゃきぶは1人ぼっち。
引っ越したばかりで家にはパソコンと何回も読んだマンガくらいしかありませんし、(テレビもない)名古屋は毎日いい天気なので、近所を散策するか!
と、かなりやる気満々のにゃきぶ。

最寄り駅まで歩くと10数分。通勤にも備えてまずはチャリでも買いますか。

ところでにゃきぶはかなりの方向音痴です。
心配したやまっちさんが家周辺のわかりやすい地図を作ってくれました。
スーパーや雑貨屋、自転車屋の場所等が書き込まれています。
さすがやまっちさん。ありがたいことですね~。
これでにゃきぶも迷わず行ける?

わけありませんでした。


方向音痴の特徴として、地図が読めない特性がありますがにゃきぶも例外ではなく・・・
ええもう、地図はぐるぐる回して見ちゃいますよ~
やまっちさんもそれは見越していたけど、ないよりはマシということで作ってくれたわけですが。


さーまずはチャリ。名古屋で言う所の「ケッタ」です。
そこは地図を見ながら徒歩でたどり着き、10000円(安い!)のママチャリを購入。
よし!ここからはチャリでラクラクですよ!次は最寄り駅にでも行ってみますか!
チャリをこぐのなんか何年ぶりだろう?
久しぶりだとけっこうキツイもんですね~

チャリをこぐこと数十分。
上り坂、下り坂、色んな道を通りましたが・・・ようやく迷ったことに気がついたにゃきぶ。

目的の最寄り駅とは違う名前の駅に着きました。

うわぁ~何個か先の駅に来ちゃったみたい。
もうやまっちさんの地図にも載っていない場所みたいだし。
自分がどこにいるかわからない時は、とりあえず、もと来た道を戻る!←方向音痴の特性2。
方向音痴でも、今来た道はわかるにゃきぶ。
かなり坂を下ってきていたのできつかったけど、頑張って戻りました。

出発地点に戻り、やまっちさんの地図を確認して、今度はちゃんと最寄り駅に到着。
そして、せっかくだからと、1つ先の駅まで地下鉄で行き、ちょっと買い物。

後に、最初ににゃきぶがたどり着いた駅が3つ先の駅だと知りました。


図にすると、こんな感じ。
080221-i.jpg

この時のルートは①と②ですが、③と④のルートは違う日で
ちょっと遠いけどチャリでアピタに行ってみますか!と行動した軌跡で、もちろん1回目はたどり着けず、1回乗り換えて行ける4つ先の駅に着きました。

あとは、最寄り駅から家に帰る時、完全に反対方向に進んでしまい、やまっちさんの地図では検索不可能に。
家はどこ~?と探しまわり、「逆方向に進んだ」と気づくまでかなりの時間を要しました・・・。

1年暮らした今でもアピタには1人でたどりつける自信がありません。
いやー知らない土地って怖いよね。




スポンサーサイト

Comment

2008.02.21 Thu 17:29  |  

知らない土地っていうか、、、
俺はそんなにゃきぶが怖いw

  • #79D/WHSg
  • やまっち
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://nyakibu.blog68.fc2.com/tb.php/15-57229ad0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カウンター

プロフィール

にゃきぶ

Author:にゃきぶ
左:にゃきぶ(♀)31歳
・B型の長女
・新潟出身
・天然でテキトウ

右:やまっち(♂)35歳
・O型の長男
・名古屋出身
・大らかだけど時々神経質

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

人気記事ランキング

投票

良かったら投票お願いします(^^)

参加ランキング

1日1回クリックしていただくと、ランキングのインポイントに加算されます(・ω・)

フォトライブラリー

みんなでつくる、写真素材集。
にゃきぶも参加しています。

リンク

RSSリンクの表示

あわせてよみたい

あわせて読みたいブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセス解析

メールフォーム

Copyright © にゃきぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。